ボローニャとは

ボローニャは京都・祇園生まれ。

1993年。デニッシュ食パンという今までになかった新しいタイプの商品として産声をあげたボローニャ。販売当初は1,200円のデニッシュ食パン「京都祇園ボローニャ」のみの単一商品でスタートしましたが、"行列のできる屋台のパン" として一躍ブームとなりました。祇園町という土地柄、「舞妓さんも並んで買う」という触れ込みで話題になった京都祇園ボローニャは、味も見た目も甘美な逸品。大切なお客様へのお土産として重用いただいたのがそのルーツです。

ケーキのような食感と味わい。

菓子パンではなく「毎日食べても飽きない美味しい食パンを」とのコンセプトから生まれたのが、ボローニャのデニッシュブレッド。ほかのブランドのデニッシュパンやデニッシュ食パンとは一線を画す美味しさです。口に入れたときのフワッとした食感と、ほんのり甘く上質な味わいは、若い方からお年を召した方まで、幅広くたくさんの方々に愛されています。

全国の工場から、つくりたてを。

粉や卵などシンプルな原材料からつくられるからこそ、厳選した素材を使用し、きめ細やかな品質管理のもとに食の安全への厳しいこだわりをもって製造されています。今日もまた、全国の工場からつくりたてをお届けします。